エンドユーザー向けのサービスから社内利用まで
様々なシーンで利用されています

カスタマーサポートの課題

お客様の不満は解消せず
オペレーターの仕事は増えるばかり…

Inquiry

いつまでも絶えない同じ質問の問い合わせ

現状のFAQがうまく機能しておらず、メールや電話での問い合わせで同じような内容の対応に時間ばかり取られる。

Operator education

進まないオペレータ教育

問い合わせ処理に追われ、ストレスと離職率の高いカスタマーサポートの現場。人材育成の時間も業務の質もなかなか向上しない。

Trendy CS

うまくいかない流行りのCSツール

最新のチャットボットや大掛かりなツールを導入したが、メンテナンスやチューニングに手間がかかりあまり良い効果が出ていない。

Helpfeel

なら…

どんな質問にも答えられる「本当に役立つFAQページ」で
問い合わせ対応業務の効率を大幅にUPします。

Helpfeel Helpfeel-cat
FAQ system

どんな質問表現にも
適切に答えられるFAQシステム

Helpfeelは人ごとに微妙に違ってくる曖昧な言葉の表現や、感覚的な言葉の表現、スペルミスなどにも対応できる革新的なFAQシステムです。

お客さま自身が適正な回答を検索できる事で、サービスと顧客の間に強い信頼のループを作り、リード獲得や購入・契約の問い合わせなど、よりポジティブなアクションに働きかけていくことができます。

導入のメリット

Interviewer himself

質問者自身で
適正な回答を検索

「返品したい」「思っていたのと違う」「嫌い」など、人ごとに違う曖昧な質問表現やスペルミスに対し、適切な回答をすぐに結びつけることができます。

Improve support

サポートの質向上
顧客満足度・信頼感のUP

直接問い合わせが大幅に減ることで、カスタマーサポートではサービス自体の質向上に力を注ぐことができ、サービスへの信頼をより一層高めることができます。

shortage of CS

問い合わせが激減
CSのストレス・人材難を解消

問い合わせ対応件数を大幅に減らす事ができるため、人材育成や問い合わせ分析、セールスへの案内など本質的な業務にフォーカスでき、業務のあり方自体をポジティブに高めます。

Installation

導入・運用がスムーズで簡単
大幅なコスト削減効果

問い合わせ対応コスト削減だけでなく、システムの導入・運用にかかるコストも従来の1/1000。
データの作成編集や管理などがとても簡単にでき、教育やシステムチューニングのコストも大幅に削減することができます。

Existing FAQ

既存のFAQシステムも
そのまま一緒に使い続けられる

すでに導入されているFAQシステムをそのまま使い、Helpfeel最大のメリットである検索機能を併用してご利用頂くことも可能です。

Help desk support

社内の問い合わせ
ヘルプデスクにも対応

顧客向けだけでなく、社内の問い合わせにも両方対応することができます。
ルールの浸透、社内規定や業務フローの問い合わせなどヘルプデスク業務の大幅な効率化を可能にします。

Helpfeelの革新性

どんな曖昧な質問表現にも答えられる「質問予測サポートシステム」搭載。
慶應義塾大学の増井俊之教授によって研究された世界初のアルゴリズムです。

01

従来FAQの50倍に拡張された質問予測パターン

Helpfeelでは質問の予測パターンを50倍以上に拡張し、言葉の違いだけではなく、同じ言葉でも漢字表現とひらがな表現の違い、送り仮名の違い、スペルミスや、感情的、抽象的な表現などにも対応しています。

Questions

50倍に拡張された質問予測パターン

02

「質問に対して回答を探す」のではなく「言葉にマッチする質問を提示する」仕組み

従来のチャットボット等の手法では、1つの質問からそれに当たる答えを1つ探していました(1対1の関係)。そのため大量のデータとチューニングが必要でしたが、Helpfeelは逆に言葉からお客様が意図する「質問を探す」仕組みになっています。

Present questions

拡張された質問予測パターン

03

従来FAQの1000倍高速の応答速度

Helpfeelは言葉から質問を探すアプローチで、文字を入力した瞬間に結果が表示される爆速FAQシステムを構築しています。従来の平均的FAQシステムは約1秒かかっていた応答が、Helpfeelでは、約1000倍高速の0.001秒の応答速度を実現しました。

Response speed

スタートアップの登竜門と言われるIVS LaunchPadにて代表洛西がHelpfeelについて発表しました。
Introduction Flow

導入フロー

開発チームが直接ヒアリングを行い、スムーズな導入が可能。

STEP

1
お問い合わせ
ヒアリング

御社の課題や今後の展望をヒアリングさせて頂きます。

2
お見積提示
ご発注

御社にあったFAQ導入をご提案。ご発注後すぐに開発を開始いたします。

3
FAQ作成

弊社の専任チームがFAQのデータ取り込みや辞書作成を実施いたします。

4
試験運用

テスト環境で実際のFAQをご利用いただきます。

5
運用開始

御社のサイトやアプリと連携し運用開始となります。

Step 1 Arrow
お問い合わせ
ヒアリング

御社の課題や今後の展望をヒアリングさせて頂きます。

2 Arrow
お見積提示
ご発注

御社にあったFAQ導入をご提案。ご発注後すぐに開発を開始いたします。

3 Arrow
FAQ作成

弊社の専任チームがFAQのデータ取り込みや辞書作成を実施いたします。

4 Arrow
試験運用

テスト環境で実際のFAQをご利用いただきます。

5
運用開始

御社のサイトやアプリと連携し運用開始となります。

まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ(平日9:00 〜 17:00)
050-3628-9282